卵の殻をガーデニングで再利用できる?意外な6つの使い道!

1493
卵の殻はどこのご家庭でもゴミとして毎日捨てられていることでしょう。でも、何気なく捨てているこの殻たち、実は庭をお持ちの方には素晴らしい活用法があるのです!ガーデニングの達人たちはどんなものでも再利用して私たちを驚かせますが、今回もこの卵の殻の活用法で驚かされそうです!ぜひ、皆さんもこの6つの活用法を確かめてみてください。

肥料として

卵の殻には豊富なカルシウムが含まれています。そして、体積のわりに表面積が大きいため、分解される速度が速く、庭に栄養をまくには最適なのです。小さくしたり、砕いたりする必要すらありません!ただ殻をそのまま下向きにして置いておくだけで充分です。または、植木鉢に使う場合は、直接下の穴から入れるだけで構いません。特に冬の間に卵の殻を撒いておいて、土に栄養を与えておくことで、実りの多い春を迎えることができるでしょう。特にカルシウム不足に弱いトマトやトウガラシを育てる場合に最適です。

ナメクジ、カタツムリ除け

あなたが庭に発生するナメクジやカタツムリでお悩みの場合、卵の殻が救世主になるかもしれません。ぜひ砕いた卵の殻を虫から守りたい植物の周りに撒いてみてください。尖った卵の殻がこれらナメクジやカタツムリの敏感な足にとってのバリアの役目を果たし、きっと退散していくことでしょう。

苗床として

卵の殻にはすぐに分解される性質があります。これを利用することで卵で苗床を作ることができます。卵の中身を使うときに、殻が入れ物のような形になるように割ってください。そして沸騰したお湯で中を洗浄し、そこに排水用の穴を開ければ完成です。種が発芽して、卵の殻の入れ物よりも大きくなりそうになったら植え替えてください。

1
2
Advertisement

Advertisement